③アロマエステ

アロマオイルやパウダーなどを用い、通常のマッサージを行ったあと、最後にローションをしようしたハンドサービスにより、射精に導く。女性はエステティシャンのような制服か下着までの場合が多く、基本的にはタッチも禁止。業界未経験レベルの高い女の子を集めやすい業種。

なぜ、これらのジャンルを推奨していたかというと、理由は以下の4点です。

まず第一に、確実な需要が見込まれていたことです。これは、先にも述べた通り、どちらかといえばマニア向けのニッチだったジャンルが、インターネット上ではメインストリームになってきており、今後リアルの世界でも確実に需要が高まると予測できたからです。

次に、求人の有利さです。たいていの新規立ち上げ店が最初に最も苦労するのが求人です。この商売、女の子という商品がなければ、お店は立ち上がりませんし、女の子の質がお店の売上に大きく影響しますので、継続的に求人募集をかけて新陳代謝を図らなくてはいけないというビジネスモデルです。先にあげたジャンルは、基本的に「脱がない、舐めない、触れられない」というソフトサービスです。女性にとって風俗で働くという精神的肉体的ハードルが下がり、その結果、レベルの高い女の子を集めやすい業種だったのです。

三番目に、本番リスクがないことです。一般的にデリヘル経営のまさに大きなリスクが、違法である本番行為(陰茎の膣への挿入)です。お店が女性に厳しく指導していたとしても、ホテルや自宅の密室空間でどのような行為がなされているかは監視できません。

最後は、性病リスクがないということです。これはお店、女性、お客様全てにとってメリットのあることです。一般のジャンルのデリヘルでは、口で男性器を咥えるフェラチオ、性器と性器を接触させる素股などの行為により、性感染のリスクがあります。女性が定期的に病院で検査しているとしても、完全に防ぎ切れるものではありません。安心して安全に働ける、安心して安全に遊べるというのは、大きなメリットです。