その現実を伝えた上で、「この商売、そんなに甘くないですよ」と、特に失敗する確率が高そうな人たちには必ず言っていました。

では逆に、成功する人はどんなひとかというと、面接してすぐに「自分はこんなお店をやりたいんです!」と僕に企画書を見せながら、「自分はこんなお店をやりたいんです!」と僕に企画書を見せながら、自分が考えたこだわりの企画を情熱をもって熱く語るような人は、成功しやすいパターンのひとつです。こういう人はたいてい自分のこだわりの性癖を具現化したくて、自らが利用したくなるお店を作りたい人なので、お客様の趣味嗜好もよくわかっています。

また、単にお金儲けの手段のみとして始めるのではなく、自分のやりたいお店を作るという情熱がまず先にあるので、意気込みが違います。