次にシャワータイムですが、まずはシャワーの温度が適温か自分の手のひらで水温を確認してから、お客様に確認します。シャワーの目的は主に2つに分けられます。まず一つ目はお客様の身体を綺麗にすることは自分の身を守ることにも繋がるということ。デリケートな部位を丁寧に洗うことで性病予防を怠りなくします。そして、シャワーのもうひとつの意味は、体温を感じるボディータッチにより一気にお互いの距離を近づけることです。

手を洗う時はお客様を見つめ指を絡めるようにして触れ合います。「手、大きいですね」「手、あったかいですね」などのさり気ない一言を加えられればなお良いです。身体部分を洗う時は背面からここぞとばかりに密着します。そして、さり気なくお客様の局部の反応も観察します。気分が盛り上がってきたかがわかりやすく現れますので。