つかみの会話でお互いの緊張もほぐれ、第一印象で自分に好意を持ってもらえば、いよいよプレイにいたるまでの助走の始まりです。

軽いボディタッチがお互いの関係の距離を徐々に近づけてくれます。この段階ではエロいタッチというよりは、「手をつなぐ」、「太ももに手をおく」「頬に手を当てる」などの付き合い始めの頃の恋人気分を演出させるような、恥ずかしさや照れくささが混じった、自然で初々しいボディタッチを行います。

そして、お客様の服を脱がしてあげますが、無造作でなくひとつひとつの動作を丁寧にに行います。ネクタイをほどくときにはお客様の頬と女性の顔が近づくので、お客様はどきどきしますし、ベルトをはずす時も女性の顔が股間に近づくので、お客様はドキドキします。このドキドキ感を効果的に演出します。

同様に、女性が服を脱ぐのもそそくさと無造作に脱ぐのではなく、恥じらいも演出しながら、可愛らしく、そして色っぽく脱ぎます。男の視線が釘付けになるタイミングでもありますので、良い意味でももったいつけて、自分をアピールできる時です。