●妻や恋人では満たされないから。妻や恋人では叶えられないようなプレイを実現できるから。

●自分の彼女には到底なることはないであろう手の届かない高嶺の花の美女が、エッチなサービスをしてくれるという非日常感を体験できるから。その時間だけは恋人気分を味わえるから。

●自分の内緒の性癖や願望を満たしてくれるから。例えば、痴漢行為や道端で性器を露出することは犯罪ですが、風俗ではプレイとして叶えられます(その意味では風俗は犯罪の抑制効果につながっているともいえます)。上司とOLの役になりきってセクハラプレイだってし放題です。

●オナニーだけではあまりに寂しい。かといって、彼女がいないだけでなく、やさしく接してくれる女の子の友達が周りにいるわけでもない。異性の温もりや優しさや単にヌクだけという生理的欲求をはるかに飛び越えて、家庭や社会生活では満たされない自己を承知してくれる欲求や自己を実現する欲求という上位のニーズを満たすものだといえるでしょう。射精させるだけではなく、いかに気持ちよく射精に導くか、いかにお客様の妄想を実現させることができるか、いかに気持ちよく射精に導くか、いかにお客様の妄想を実現させることができるか、いかに恋人気分を演出するか、いかにお客様を心から癒して上げられるか等、こうしたお客様の多種多様な高度なニーズをみたしてくれるからこそ、お客様はわざわざ風俗店に足を運ぶし、そうした欲求を実現させることができるお店が厳しい競争に勝ち残っています。

こうした顧客の行動心理をるまえて、お店はどのような戦略をとっていくべきか、より詳しく見ていきましょう。