デリヘルで予約をしてから、宿泊しているホテル(あるいは、自宅)にその女の子が来るまで待っている時間、つまり、「どんな女の子が来るのかな」とドキドキ妄想している時間、つまり、「どんな女の子がくるのかな」とドキドキ妄想している時間は、お客様にとって、かなりテンションが上がりワクワクと期待を高める時間です。デリヘルの女性コンパニオン写真は、目線をきったりボカシを入れたりしているので、なおさら想像力をかきたてられるのです。

この期待を裏切らないためにも、女の子は第一印象に磨きに磨きをかけなくてはいけません。ふだんから鏡をみてどんな笑顔がどんな角度が自分が一番チャーミングにみえるかを研究しなくてはいけません。

そして、お客様の期待を裏切らないように、入室時に最高の笑顔と明るい挨拶で、お客様の緊張を和らげてあげます。かりに、お客様のタイプの顔でなくても、笑顔はそれをある程度カバーするだけの力を持っています。人間は30秒もかからずに強い印象を形成しますが、いったんけいせいされた印象はなかなか消えないという研究結果があります。第一印象がいかに重要かということです。

そして、プレイに入る前に会話でお客様の緊張を和らげます。指名された場合であれば、「ご指名頂き誠にありがとうございました」とまずお礼を述べてから、「ところで、どうして私を選んでいただけたのですか」と明るい雰囲気で質問します。

この質問に対する答えにより、お客様が自分のどこを気に入ってくれたのか、何に、興味を持ったのかヒントになります。そこから自然と「どんな女性がタイプなんですか」などの会話をしたり、「私はタイプと違いましたかね~」と冗談交じりで答えたときのお客様のリアクションや表情を観察して、自分の第一印象はどうとらえられたかを推測します。

かりに反応が鈍くても、もともとリアクションが薄い人かもしれないし、つかれているだけかもしれないので、決してネガティブにはならず、明るい態度で接客します。あくまでもプレイに至るまでの情報収集(どんな女を演出すればよいかの材料集め)と盛り上げを狙っての会話です。